スポンサードリンク

西洋占星術 生年月日から相性を占います

西洋占星術による相性占いなどは古代バビロニアの占星術が、ヘレニズム時代にギリシャに伝えられたのが始まりとされます。
太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の10天体を主に使います。

生まれた瞬間(生年月日)、その場所からの空の星の配置を基本として相性を占います。(しかし実際は「デリニエーション」(解読)といい、俗に言う占いではなく、ホロスコープに示された星や星座の象徴体系を解釈していく)生年月日・生まれた時間・場所のデータが必要。


相性(シナストリー)
自分と占いをする相手(人や組織や物など)との相性を見る。実際には2重円を作り細かく相性を見ていきます。(2重円に限らず、複数のチャートを重ね合わせます。

また相性とは一言で良し悪しが言えるものではないので、正統派西洋占星術では「その人たちがより世界の全体性を知るため、自らの心の中にある潜在的無意識から沸き起こる象徴体系を、他者を通じて再認識し、それによってお互いの人格を高めていく為の臨床的な技法」のことを呼びます。

西洋占星術のホロスコープは、最近ではパソコンのソフトなどで簡単に作ることができるので、自分の生年月日から生まれたとき天体の位置など見たり相性を占い楽しむことが出来ます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。